豊胸手術の施術方法

豊胸手術では、現在「プロテーゼ法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」の三種類が一般的です。プロテーゼ法とは、昔ながらの豊胸手術の方法であり、シリコンで作った豊胸パックを数センチ程度切開した傷口から注入するものです。「脂肪注入法」とは、自分の体の別の部分から脂肪を抜き取り、胸の部分に移植するというもので、「ヒアルロン酸注入法」はその名前の通り、美容液として有名なヒアルロン酸を必要な分量だけ胸に注入するというものです。
豊胸手術になんとなく心理的な抵抗感を持っている人は、おそらく最初の「プロテーゼ法」を意識しているのではないかと思います。プロテーゼ法では体に全く人体にはない物質であるシリコンという異物を埋め込むということになるので、その点で気が引けてしまうのでしょう。ですが、バストサイズの大幅なアップを望むのであれば、プロテーゼ法が最も有効な手段です。
脂肪注入法のよる豊胸手術の場合、無駄な脂肪を脂肪吸引でとるというスタイルアップにも役立つもののように思えます。また、バストに注入するのも同じ自分の体からとってきたものなので、副作用の心配のない安心できるものに感じます。しかし、残念ながら脂肪注入法による豊胸手術では、脂肪の定着率はあまりよくなく、施術完了にはやや時間がかかってしまいます。
ヒアルロン酸注入法は、その点で日帰りで施術も完了できる手軽なものです。ただし、10年など長いスパンで見た時、元に戻ってしまうことがあるという問題点があります。