植毛の安全性について

頭髪の悩みを、自分の頭髪を移植して補うようにするのが「自毛植毛」という方法です。一昔前までは、植毛の技術は未熟な部分が多く、施術を受けるとかなり危険な健康被害を受けることがあると言われてきていましたが、果たして今現在もそうなのでしょうか?
植毛の技術は、ここ数年で急激に発達しました。それまでの植毛は人工的に作った合成繊維によるニセ毛髪を植えつけるものだったので、その人の体質に合わない場合には拒絶反応が出るなど、たしかに深刻な被害につながる場合もありました。ですが、自分の頭髪をそのまま利用する自毛植毛の場合、もともと自分の体で作られたものを利用するので、拒絶反応が起こる可能性はかなり低くなっています。拒絶反応が起こると頭皮に感染症が起こり、皮膚の壊死などが起こる被害がありましたが、この心配がないということです。
また、自毛植毛は外科手術として行われますが、これは頭皮や体に大きなダメージを与えることもなく、今のところ施術後に甚大な被害を被ってしまったという報告もありません。
植毛の施術に抵抗感があるため、かつらやつけ毛で対応をし続けている人もいますが、これは頭皮が蒸れるなど、頭皮に悪影響を与えてしまう場合もあります。長期的に頭髪対策をするのであれば、思い切って植毛の施術を受けてみることも一つの選択として視野に入れておくのもよいでしょう。現在の自毛植毛施術では痛みもほとんどなく、短時間で終えることができます。